ハラデー 引退を表明 サイ・ヤング賞2度「何も悔いはない」

[ 2013年12月10日 08:43 ]

 大リーグで2度のサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)に輝くなどブルージェイズ、フィリーズで通算203勝を挙げた右腕、ロイ・ハラデー投手(36)が引退を表明した。

 2009年まで所属したブルージェイズと1日契約を結んで記者会見に臨んだハラデーは「何も悔いはない」と晴れやかな表情で話した。

 ハラデーは03年にブルージェイズ、10年にフィリーズでサイ・ヤング賞を獲得。10年には5月に完全試合、10月にプレーオフの地区シリーズで無安打無得点試合を達成した。ここ2年は右肩痛に悩まされ、今季は4勝に終わった。通算成績は416試合で、203勝105敗、防御率3・38、2117奪三振。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年12月10日のニュース