青木、5戦ぶりマルチも“倍返し”できずブルワーズ2連敗

[ 2013年9月12日 12:42 ]

カージナルス戦の3回、右前打を放つブルワーズ・青木

ナ・リーグ ブルワーズ1―5カージナルス

(9月11日 セントルイス)
 米大リーグ、ブルワーズの青木は11日(日本時間12日)、セントルイスでのカージナルス戦に「1番・右翼」で出場し、3打数2安打だった。ブルワーズは1―5で敗れた。

 初回の第1打席では見逃し三振に倒れた青木だが、3回の第2打席で右前打、5回の第3打席では遊撃内野安打を放ち、5戦ぶりのマルチ安打を記録。1―1の8回には無死一塁から一前に送りバントを決めたが、得点に結びつかず、チームはその裏4点を失って敗戦。

 前日、メジャー移籍後初の1試合3三振を喫して5打数無安打に終わった青木は試合後「審判に、じぇじぇじぇ。あした倍返しするしかない」と話していたが、“倍返し”とはいかなかった。

 ▼青木の話 初回の三振で、待っていても間違いなく三振だと思った。少々のボール球でも打っていった。1本ヒットを打った瞬間から、2本目も絶対打つという気になった。攻撃的に気持ちを切り替えて、いい方向に行った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月12日のニュース