7失点KOで先発失格 伊東監督「もう投げさせない」

[ 2013年9月12日 06:00 ]

<ロ・楽>4回2死満塁、打者・ジョーンズのとき、放心状態で降板する大谷

パ・リーグ ロッテ0-7楽天

(9月11日 QVC)
 ジョーンズは星野監督からハイタッチ後に、返す手で尻を思い切り叩かれた。2位・ロッテとの直接対決での先制の23号3ラン。自身来日初の3戦連発で、一気に優勝マジックを3減らす価値ある1勝を呼び込んだ。

 ロッテは序盤に3ラン2発を浴び、勝負が決した。先発の大谷は初回にジョーンズ、3回にマギーにそれぞれ3ランを浴びた。4回にも2死から3連打で1点を失い、今季最多の7失点で3回2/3でKO。伊東監督は「点のとられ方が悪すぎる。もう(先発では)投げさせない」と先発失格のらく印を押した。3連勝を狙っていた直接対決で手痛い1敗を喫し、楽天の背中が遠のいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年9月12日のニュース