「相手が上」大竹 歴史的被弾に悔しさあらわ

[ 2013年9月12日 06:00 ]

<ヤ・広>6回2死、バレンティンに55号ソロアーチを浴び、がっくりする広島先発・大竹

セ・リーグ 広島6-2ヤクルト

(9月11日 神宮)
 広島の大竹はバレンティンに今季4本目の本塁打を許した。6回、外角の直球をものの見事に右翼席へ運ばれた。

 「あえて言うなら高さくらい」との分析通り失投ではなかったが、球史に残る一発を浴び「本塁打は打たれたくなかった。相手が上」と悔しさをあらわにした。それでも7回を投げて1失点。悲願のCS初進出を狙うチームに勝利をもたらし「何より勝ったことが一番」と実感を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月12日のニュース