東京D開場25周年記念 槙原氏が吉村氏抑えた

[ 2013年9月12日 06:00 ]

<巨・D>試合前、一打席真剣勝負を終えて笑顔で握手する吉村氏(左)と槙原氏

セ・リーグ 巨人2-1DeNA

(9月11日 東京D)
 「東京ドーム開場25周年記念ナイター」として、試合前にOBの槙原寛己氏(50=スポニチ本紙評論家)と吉村禎章氏(50=同)による1打席真剣勝負が行われた。

 結果は右飛。槙原氏は「腰が痛かったけど、マウンドはそれを忘れるくらい気持ち良かった」と笑顔で話し、88年の阪神とのオープン戦で東京ドーム1号本塁打を放っている吉村氏は「公式戦の試合前で緊張感があった。打席に立つことができ光栄」と久々の打席を楽しんでいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月12日のニュース