10・2臨時オーナー会議開催 統一球無断変更問題

[ 2013年9月12日 06:00 ]

 日本野球機構(NPB)による統一球の無断変更問題で、12球団が臨時オーナー会議(議長=宮内義彦オリックス球団オーナー)を行うことが11日までに決定した。10月2日の開催で調整している。同問題でNPBを調査中の第三者委員会による最終報告が今月下旬に行われることを受け、加藤良三コミッショナー(71)らの責任を追及することになる。

 12球団は今月19日にもオーナー会議を予定しているが、その時点では第三者委員会からの報告が行われない可能性が高い。そのため、わずか2週間で2度開催する異例の事態。ある球団幹部は「そういう方向。必要なら開かざるを得ない」と明かした。臨時会議では無断変更にかかわった関係者の処分と同時にコミッショナーの就任を1月1日付とすることも協議される予定。1月1日付人事案が議決されれば、来年7月まで任期が残る加藤コミッショナーの退任が前倒しとなる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月12日のニュース