中日 谷繁V打でしぶとく連勝、大野9勝 阪神引き分け挟み4連敗

[ 2013年9月12日 21:23 ]

<神・中>6回表1死二塁、谷繁は勝ち越しとなる中前適時打を放つ

セ・リーグ 中日5―2阪神

(9月12日 甲子園)
 4位の中日は甲子園で2位阪神と対戦。競り合いを制して5―2で勝ち、連勝を飾った。4カードぶりの勝ち越し。3位の広島とは2・5差のまま。

 試合は2―2で迎えた6回1死二塁から8番谷繁の中前適時打で勝ち越すと、8回にも再び谷繁が右前適時打でリードを広げた。

 先発の大野は安定感を欠きながらも5回2失点と試合を作り、田島、浅尾、岩瀬とつないで逃げ切った。大野は9勝目。

 阪神は勝ち越しを許してからあと一本が出ず、引き分け挟み4連敗。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月12日のニュース