サッカー少年だったバレンティン 歓喜の満塁弾から17年目 異国での快挙

[ 2013年9月11日 20:23 ]

6回2死、バレンティン(右)は、55号本塁打を放ち生還後、マスコットのつばみに花束を手渡され高々と掲げる

 メジャーでは通算わずか15本塁打。大リーグに未練を残しながら来日して才能が花開いた大砲は「偉大な選手と並ぶことができて本当にうれしい」と日本タイ記録を誇った。

 カリブ海の島、オランダ領キュラソー出身。最初に始めたスポーツはサッカー。それが周囲の子どもたちが野球をしているのを見て「つられて始めた」。初めて本塁打を放ったのは12歳の時で満塁本塁打。17年後、遠い異国でその国の偉大な記録に並んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月11日のニュース