阿部 先制31号「久しぶりにライナー性のいい打球」

[ 2013年9月11日 06:00 ]

<巨・D>4回1死、右越え先制ソロ本塁打を放つ阿部

セ・リーグ 巨人2-1DeNA

(9月10日 H新潟)
 巨人・阿部が4回に先制の31号ソロを放った。1死無走者から、三浦の138キロ直球を低い弾道で右翼ポール際に運んだ。

 8月25日のDeNA戦(横浜)以来となる待望の一発に「内海がいいリズムをつくってくれていたので、何とか早めに援護したかった。久しぶりにライナー性のいい打球が打てた」と手応えを口にした。

 ▼巨人ロペス(7回2死二塁から勝ち越しの左翼線二塁打)前の2打席とも内角を攻められていたので、フェアゾーンに打球をと考えていた。また、気を引き締めていきたい。

 ▼巨人寺内(9回1死満塁。荒波の二ゴロを捕球。一塁走者にタッチ後に一塁送球で併殺打)目の前にいたのでタッチできた。ああいう状況でも冷静にプレーできたと試合後に思いました。

 ▼巨人川口投手総合コーチ(内海は)球威も制球も良かった。連戦の初戦はこういう投手でないとね。うちのエースだよ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月11日のニュース