楽天 レイ 打球直撃で顔面骨折 11日精密検査

[ 2013年9月11日 06:00 ]

<ロ・楽>2回無死、打球を右顔面に受けたレイ(手前)はマギーに抱えられベンチへ

パ・リーグ 楽天2-9ロッテ

(9月10日 QVC)
 楽天のケン・レイ投手(38)がロッテ20回戦(QVCマリン)の2回、打球を右顔面に受けて降板。千葉市内の病院でMRI(磁気共鳴画像装置)検査などを受け、「右頬(きょう)骨骨折」と診断された。

 脳には異常がなく、11日にあらためて専門医(形成外科)による再検査を受ける。芹田強トレーナーは全治などについて「あした精密検査を受けてから」としたが、出場選手登録を外れる見込み。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月11日のニュース