細谷 “漢”弾!ロッテ 諦めない3発楽天粉砕

[ 2013年9月11日 06:00 ]

<ロ・楽>お立ち台でポーズをとる細谷(左)と唐川

パ・リーグ ロッテ9-2楽天

(9月10日 QVC)
 首位・楽天を3発のアーチで粉砕した。1―0の2回、ロッテのサブローがバックスリーンのテレビカメラを直撃する2号ソロ。さらに2死三塁で、細谷にも中越え1号2ランが飛び出した。7回には根元のプロ初となる右越え満塁弾でとどめを刺し、9―2の大勝だ。

 8月23日からの楽天3連戦(Kスタ宮城)で全敗。本拠地でリベンジに燃える伊東監督は、試合前のミーティングで「全員が男になれ!」とゲキを飛ばした。細谷はマジックで左手首に「漢(おとこ)」の文字を書き込んで試合に臨んだ。サブローは「監督の言葉で気持ちが入った。仙台でやられたので、自分の家(ホーム)で負けるわけにはいかないからね」と胸を張った。3連勝でゲーム差は5に。本拠地では7勝2敗と勝ち越しており「ここで3勝して楽天にプレッシャーをかけますよ」と根元。誰一人として逆転優勝を諦めていない。

 ▼ロッテ・唐川(7回6安打1失点で今季9勝目)きょうは大事な試合と位置づけていた。今季一番の投球だった。この勝利でチームに勢いがつくと思う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月11日のニュース