鳴門・板東 力尽く「千葉君一人にやられた」

[ 2013年8月20日 06:00 ]

<鳴門・花巻東>完投も5失点の鳴門・板東

第95回全国高校野球選手権準々決勝 鳴門4―5花巻東

(8月20日 甲子園)
 <徳島鳴門>エース板東が力尽きた。

 3―2の8回2死二塁から多々野の一塁線のゴロがベースに当たる不運な同点適時打。「ショックはあったけど、その後を抑えないといけなかった」と肩を落とした。花巻東の2番・千葉には5打席で41球も投げさせられた。「初回からカットで粘られ、嫌な疲れがたまった。千葉君一人にやられた」と悔しがった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年8月20日のニュース