PR:

花巻東 二塁走者注意された「疑わしきものがあった」

第95回全国高校野球選手権準々決勝 花巻東5―4鳴門

(8月19日 甲子園)
 花巻東の8回攻撃中、多々野の打席がカウント1―1となったところで、小山球審がプレーを止めて二塁走者・千葉に注意を行った。

 大会試合規定には「走者やベースコーチが捕手のサインを見て、打者にコースや球種を伝えるなどの行為を禁止する」との項目がある。試合後、赤井淳二大会審判副委員長は「動作にまぎらわしき、疑わしきものがあったと球審が判断した」と説明。千葉は「よく分からなかった」と話した。

[ 2013年8月20日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月18日02時〜03時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム