花巻東 左腕トリオで逃げ切った 岩手県勢甲子園春夏通算40勝目

[ 2013年8月20日 06:00 ]

<鳴門・花巻東>4強入りを決め、雄叫びを上げる花巻東・河野

第95回全国高校野球選手権準々決勝 花巻東5―4鳴門

(8月19日 甲子園)
 花巻東は左腕3人の力投が岩手県勢の甲子園春夏通算40勝目をもたらした。

 先発した細川は6回2/3を4安打3失点と粘り、2番手・中里は5―3の9回に連続四球を与え降板したが、最後は河野が締めた。河野は「マウンドに上がれば自分がエースの気持ち。言葉にできないくらいうれしい」と満面の笑みを浮かべた。佐々木洋監督は「よく投げてくれた」と称えた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年8月20日のニュース