仙台育英&秋田経法大付以来24年ぶり 東北勢2校4強入り

[ 2013年8月20日 06:00 ]

<明徳義塾・日大山形>ベスト4進出を決め、歓喜の日大山形ナイン

第95回全国高校野球選手権準々決勝 日大山形4―3明徳義塾

(8月19日 甲子園)
 東北勢2校が4強入りしたのは89年の第71回大会以来2度目で、前回は仙台育英(宮城)と秋田経法大付(現明桜)が勝ち進んだ。

 仙台育英はエース・大越基(現早鞆監督)が全5試合を1人で投げ抜いたが、決勝で吉岡雄二(元楽天)擁する帝京に0―2で敗戦。秋田経法大付は1年生エースの中川申也(元阪神)が準々決勝まで1失点の快投を見せたが、準決勝で帝京に0―4で敗れた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年8月20日のニュース