捕手で途中出場→8回には投手で1回0封…本職は内野手

[ 2013年8月20日 14:01 ]

ア・リーグ アストロズ5―16レンジャーズ

(8月19日 アーリントン)
 アストロズの控え内野手エルモアが、レンジャーズ戦の4回に負傷したコーポランに代わって2番手捕手として途中出場した後、5―16と大量リードを許した8回からは投手としてマウンドにも上がり、1回を三者凡退と好投した。大リーグで1試合に捕手と投手両方でプレーしたのは通算14度目。

 マイナーでマスクをかぶった経験はあるが、投手も捕手もメジャーでは初めて。本職ではない2役を務めたエルモアは「クレージーな一日だったよ」と苦笑いだった。(共同)

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2013年8月20日のニュース