PR:

安楽意識し過ぎ?明徳義塾2年生エース岸 直球勝負裏目

<明徳義塾・日大山形>馬淵監督(右)と話しながらも無念の表情をみせる岸

第95回全国高校野球選手権準々決勝 明徳義塾3―4日大山形

(8月19日 甲子園)
 <高知明徳義塾>2年生エース・岸は直球勝負を後悔した。

 1点リードの8回2死二塁、峯田の左中間三塁打で同点とされ、続く奥村を敬遠。5番・吉岡との勝負を選択したが、内角直球を右前へ運ばれた。勝ち越し打を浴びた1球は厳しいコースだったが「変化球でいけば良かったかな。球に力もなかった」と振り返った。3、6回の失点も直球を痛打され、「ピンチで一本調子だった」と唇をかみしめた。

 打線も絶好機で援護できなかった。1点を追う8回1死満塁で馬場が捕邪飛でスクイズを失敗。馬淵監督は「甲子園の神様が勝つには早いと言っているのかな」とつぶやいた。それでも3回戦では夏連覇を狙った大阪桐蔭を撃破した。岸は、済美(愛媛)の157キロ腕・安楽を意識する。「(安楽は)いいライバルです。一緒に四国のレベルを上げたい」と敗れてもなお、先を見据えた。

[ 2013年8月20日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:06月25日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム