古野「曲がり弱かった」ロペスの一発に泣く 8回2失点好投むなし

[ 2013年8月20日 22:40 ]

巨人戦に先発したヤクルト・古野

セ・リーグ ヤクルト0―2巨人

(8月20日 長野)
 ヤクルトの2年目の古野は8回3安打2失点と好投しながら、一球に泣いた。2回1死二塁、ロペスに内寄りのシュートを左越え本塁打された。「ちょっと曲がりが弱かった」と悔やんだ球が結局、勝負を分けた。

 ただし、強力打線を相手に三者凡退が6度、安打を許したのも2回だけだった。「悔しい気持ちも強いが、収穫もあった」と今後への手応えを得ていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月20日のニュース