仲井、島田両監督に委嘱 18UW杯の代表コーチ

[ 2013年5月24日 18:53 ]

 日本高野連は24日の理事会で、8月30日から台湾の台中で行われる18U(18歳以下)ワールドカップ(W杯)に出場する日本代表のコーチを、八戸学院光星(光星学院から校名変更=青森)の仲井宗基監督と高知の島田達二監督に委嘱することを決めた。

 国体の試合方法は、これまで9回を終えて同点の場合、抽選で上位進出チームを決めていたが、ことしの東京国体より延長10回から1死満塁で攻撃を開始するタイブレーク方式を採用する。ただし、決勝は従来通り9回で打ちきり、両校優勝となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月24日のニュース