涌井 中継ぎでも痛恨被弾 渡辺監督「抑えてほしかった」

[ 2013年5月24日 06:00 ]

<西・広>7回2死二塁、丸に2ランを浴びガックリの西武・涌井

交流戦 西武2-6広島

(5月23日 西武D)
 不調で中継ぎに降格した西武・涌井が痛恨の被弾だ。

 同点の6回1死二塁から救援。このピンチこそ切り抜けたが、続く7回に丸にバックスクリーンへ運ばれた。先発から降格後初の救援で決勝弾を浴びた右腕に、渡辺監督は「きっちり抑えてもらわないといけないピッチャーだから抑えてほしかった」。チームも5月に入って6勝12敗と失速。早期の先発復帰を目指すエースも「普通なら2軍調整のとこを上でやらせてもらっている。できるだけ早くフォームをまとめ、試合の流れを持ってくる投球をしていきたい」と話した。

 ▼西武・木村(打者転向後プロ初打席で左翼フェンス直撃の二塁打)緊張して初球は見えなかった。バットの先っぽだけど、いい角度だったので“入れ”と思って走った。(記念の)ボールは家に持って帰ります。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年5月24日のニュース