在職年数の制限を除外 元プロの資格回復で高野連

[ 2013年5月24日 18:36 ]

 日本高野連は24日、大阪市内で定例の理事会を開き、プロ野球経験者の学生野球資格回復の要件としていた「中学、高校で2年以上の教諭歴」から、在職年数の制限を除外するよう、日本学生野球協会の理事会に上申することを決めた。

 プロアマ間ではすでに、プロ経験者が双方の研修を受ければ、学生を指導できるとすることで基本合意している。ともに今オフの開始を目指しているが、年数制限が残ったままでは教員として資格回復を目指すプロ経験者との間に公平性が保てないため、規則を改正することになった。

 また、プロ側から提示された研修内容についても了承された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月24日のニュース