守道監督「ああも簡単にポンポンと…」 投壊4連敗にテコ入れ示唆

[ 2013年5月24日 06:00 ]

<オ・中>5回途中降板する中日・大野(左から3人目)

交流戦 中日3-8オリックス

(5月23日 ほっと神戸)
 5試合連続2ケタ被安打での4連敗に中日・高木監督は「ああも簡単にポンポンとはじき返されとったら…」と仏頂面。

 先発・大野が2点リードの4回に連続本塁打で同点とされるなど4回1/3を8安打7失点と投壊が止まらない。不調のため、4月22日に今季2度目の出場選手登録抹消中の山井の先発起用を明言したうえで「ここのところ打たれとる投手を休ませて、ファームからその分を上げてやろうかと思ったりもしている」と投手陣テコ入れの必要性を口にした。

 ▼中日・ルナ(8回に右前打を放ち23試合連続安打)とにかく今までと同じで、毎日いい打席を迎えられるように準備している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月24日のニュース