中学時代の女房役「入ってきた時から“こいつはやばい”と思った」

[ 2013年5月24日 06:00 ]

かつて大谷とバッテリーを組んでいた佐々木隆貴(左)と木村隼

交流戦 日本ハム3-3ヤクルト

(5月23日 札幌D)
 中学時代に一関シニアで日本ハム・大谷とコンビを組んだのは、木村隼内野手(現富士大準硬式野球部)だ。

 「翔平がいれば甲子園に行ける」と、進路は大谷と同じ花巻東に進んだ。高校では内野手に転向したが、中学時代には「入ってきた時から“こいつはやばい”と思った。ほとんど真っすぐで抑えられた。8割が真っすぐで、カーブとスライダーのサインは、たまに出していた」と振り返る。

 6年間、ともに野球をできたことが財産だが「野球を離れればおちゃめな面もある。寮では漫画の話とか野球以外のこともよくしゃべった。後輩にも先輩にも好かれていた」と明かした。テレビで活躍を目にする日々。開幕スタメンに始まり、プロ初登板も果たした。「二刀流は本人やファンの夢。両方でNo・1になってほしい」と今後の飛躍に期待していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月24日のニュース