大谷父「打者の時よりは落ち着きがないように見えました」

[ 2013年5月24日 06:00 ]

<日・ヤ>試合を観戦する大谷の父・徹さん

交流戦 日本ハム3-3ヤクルト

(5月23日 札幌D)
 日本ハム・大谷の父・徹さん(51)が、岩手・奥州市から札幌ドームを訪れて、息子の初登板を観戦した。

 プロ入り後、試合観戦は初めてだったが5回2失点の内容には「今の力で精いっぱいやったと思います。打者の時よりは落ち着きがないように見えました」。その上でヤクルト・石川が最速137キロで抑えていた点を挙げて「本人も勉強になったのではないでしょうか」とさらなる成長に期待していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月24日のニュース