糸井 交流戦首位浮上弾!連勝神話も継続「入ってくれてよかった」

[ 2013年5月24日 06:00 ]

<オ・中>4回2死、オリックス・糸井は左越えにここ2戦で3発目となるソロ本塁打を放つ

交流戦 オリックス8-3中日

(5月23日 ほっと神戸)
 もはや糸井様々だ。打てばオリックスが勝つという連勝神話だけでなく、今度は交流戦首位浮上弾で盛り上げた。2点差を追う4回、大野の外角高め直球を左翼席に運ぶ7号ソロ。「何とか塁に出ることを考えていたが、入ってくれてよかった」。前夜に5、6号と連弾した勢いそのままに、神戸の夜空にアーチを掛けた。

 3日に右ひざを痛めながらも、4日以降の14試合ではこれで6発目。鬼神のごとき打棒で打線に火を付けた。続く高橋信の1号ソロで同点とすると、5回には坂口から3者連続適時打で4得点の猛攻。日本ハム時代から続く「糸井本塁打神話」は14連勝となり、さらに並んでいた楽天をかわして、6勝2敗で交流戦の単独首位に浮上した。

 3年ぶりの交流戦Vも現実味を帯びてきた。森脇監督は「まだまだ、一戦一戦」と無関心を口にするが、チームの強さばかりが目立ってきた。2番手の岸田が3イニングのロングリリーフを無失点でしめて今季初勝利。「頼りになるパフォーマンスだった」と指揮官も喜び、連夜の逆転勝ちで中日に08年以来の2勝を挙げた。投打の歯車が完全にかみ合った。

 糸井は指名打者制のある本拠地ながら、この日から守備復帰。7回にはダメ押しの適時二塁打も放ち、「足の不安はない。大丈夫です」と高らかに完全復活を宣言した。最大9までふくらんだ借金は1まで減少。25日からの昨年交流戦王者・巨人戦は、4月22日以来の借金完済と、“首位固め”をかける一戦になる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月24日のニュース