宮本「今の段階では藤浪君の方が打ちづらい」

[ 2013年5月24日 06:00 ]

<日・ヤ>2回2死、宮本の打球に飛びつく大谷

交流戦 ヤクルト3-3日本ハム

(5月23日 札幌D)
 ヤクルトは2回に中村の三塁打で2点を先制したが、それ以外は大谷から得点を奪えなかった。

 同じ高卒新人の阪神・藤浪の初登板の相手もヤクルトだった。宮本は2回に遊撃内野安打をマーク。大学、社会人を経由した選手では古田敦也(元ヤクルト)を抜いてプロ最多となる2098安打としたが、「今の段階では藤浪君の方が打ちづらいが、投手の練習を(専門的に)やっていない中で凄い。落ち着いて投げている姿がとても18歳には思えなかった」と褒めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月24日のニュース