ソフトバンク 大隣 3敗目「打たれるべくして打たれた」

[ 2013年5月24日 06:00 ]

<ソ・D>4回に2本の本塁打を浴びガックリとベンチに戻るソフトバンク・大隣

交流戦 ソフトバンク3-4DeNA

(5月23日 ヤフオクD)
 腰痛のため、4月29日のロッテ戦(QVCマリン)以来となる1軍登板だったソフトバンク・大隣だが、2本塁打を浴びるなど6回4失点。

 3敗目を喫し「打たれるべくして打たれた」と渋い表情だ。0―2の4回には中村と、過去3年本塁打がなかった山崎にもソロを許した。チームは3連勝でストップし、1日で借金生活に逆戻り。秋山監督は「3イニング連続での失点は良くない。追い込んで打たれたし、もったいないところはある」と手厳しかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月24日のニュース