慶大 3人がプロ志望届 福谷「ずっと憧れていた」

[ 2012年10月1日 17:44 ]

 慶大の福谷浩司と竹内大助の両投手、阿加多直樹捕手が1日、東京六大学連盟にプロ志望届を提出した。

 150キロ台の速球を武器とする福谷は「ずっと憧れていた。チームやファンから信頼される選手の一人になりたい」。左腕の竹内大は福谷と並ぶ二枚看板で、阿加多は春季リーグに4割4分7厘で首位打者となった

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月1日のニュース