カブレラ 45年ぶり3冠王へ前進 打撃3部門でトップに

[ 2012年10月1日 06:00 ]

<ツインズ・タイガース>8回、3ランを放ったタイガース・カブレラ(右端)はナインに迎えられる

ア・リーグ タイガース6―4ツインズ

(9月29日 ミネアポリス)
 67年のヤストレムスキー(レッドソックス)以来、大リーグ45年ぶりの3冠王を目指すタイガース・カブレラが8回に43号3ラン。ハミルトン(レンジャーズ)に並び、打率(・327)、打点(136)と合わせて打撃3部門で再びトップに立った。

 残りは4試合で、打点は2位に11差、打率は6厘差をつけている。快挙が現実味を帯びてきたが、カブレラは「今はチームのことだけを考えたい」と、マジック3とした地区2連覇へ全力を注ぐ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月1日のニュース