海田 5度目先発も遠いプロ1勝「自分に足りないものがある」

[ 2012年10月1日 06:00 ]

<西・オ>オリックス先発の海田は3回途中3失点でKOされる

パ・リーグ オリックス3-4西武

(9月30日 西武D)
 オリックス先発・海田は3回途中で降板。同点の3回、四球と二塁打で無死二、三塁とされ、秋山に勝ち越しの2点二塁打を許した。終盤に1点差まで追い上げただけに、序盤の失点が響いた。

 中継ぎで実績を積み、5試合目の先発だったが、プロ初勝利はお預け。ルーキー左腕は「勝てないのは自分に足りないものがあるということ。来年につなげたい」と話した。チームは試合後に帰阪予定だったが、台風17号の影響で都内に足止め。1日楽天戦(京セラドーム)は移動試合となり、敗戦と“Wパンチ”となった。

 ▼オリックス・森脇監督代行(海田について)貴重な経験だと思う。次回か来年にしっかり生かしてもらいたい。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月1日のニュース