イースタン全日程終了 鵜久森が最多本塁打

[ 2012年10月1日 20:25 ]

 イースタン・リーグは1日、全日程を終了した。ロッテが2年ぶりに優勝し、2位以下はDeNA、楽天、巨人、西武、日本ハム、ヤクルトとなった。巨人の岸敬祐投手が最優秀防御率、日本ハムの鵜久森淳志外野手が最多本塁打のタイトルを獲得した。

 個人タイトルは以下の通り。

 首位打者 隠善智也(巨人)3割2分7厘▽最多本塁打 鵜久森12▽最多打点 中井大介(巨人)48▽最多盗塁 伊志嶺翔大(ロッテ)38▽最高出塁率 伊志嶺 4割1分5厘▽最優秀防御率 岸 2・36▽最多勝利 永井怜(楽天)10▽最多セーブ 荻野忠寛(ロッテ)16▽勝率1位 菊池保則(楽天)7割7分8厘

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月1日のニュース