小倉監督「死んじゃう」…捕手・森に米国が危険タックル連発 

[ 2012年9月8日 06:00 ]

<米国・日本>7回無死二、三塁、一ゴロで本塁に突っ込んできた三走のR・マグワイヤに突き飛ばされる日本代表の捕手・森(下)

18U世界野球選手権2次ラウンド 日本5―10米国

(9月7日 木洞)
 これが国際大会の洗礼か。唯一の2年生・森が米国流のフットボールタックルの餌食になった。試合後、小倉全由監督は「ルールが日本の野球と違うといえば違うけど、あれではケガをしてしまう。ルールをつくってくれないと、あれじゃ死んじゃいますよ」と怒りを抑えるのに必死だった。

 問題の場面は7回だ。無死二、三塁から一ゴロで1メートル83、82キロの三塁走者マグワイヤが本塁に突入。タイミングは明らかなアウトだったが、スピードを緩めることなく、1メートル70、78キロと小柄な森に肩から体当たりした。日本の高校野球ではあり得ないプレー。森はボールを離さずに本塁を死守したが、グラウンドに倒れ込む。球場が騒然となる中、ベンチに下がり、応急手当てを受けた。

 それだけでは終わらない。同点に追いつかれた直後の1死一、二塁では、8番打者の右前打で今度は1メートル92、94キロの巨漢・アブレイユが再び森へタックルをぶちかまして生還した。小倉監督はベンチを飛び出て審判に猛抗議。スタンドでは涙ぐむ関係者の姿も。その後の1死三塁からの二ゴロでは、二塁手の伊与田が本塁に送球せず、8点目を失った。森を3度目の接触から守るために、指揮官は本塁に投げないように指示していた。

 この試合、2安打の森は8回の打席に立った後に交代し、試合後にソウル市内の病院へ直行。チーム関係者は「むち打ちのような状況。大事をとって病院に行きました」と説明した。小倉監督は「国際試合といえば国際試合だけど…森はよくやりましたよ」と体を張った2年生を称えた。決勝進出を逃しただけでなく、後味の悪さも残った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月8日のニュース