星野監督 選球眼アップ指令で粘り出た!球数投げさせ攻略

[ 2012年9月8日 06:00 ]

<楽・西>5回1死二塁、藤田の中前打で楽天の二走・島内が生還

パ・リーグ 楽天1-0西武

(9月7日 Kスタ宮城)
 首位・西武との3連戦の初戦を1―0で勝利。同戦の連敗を6(1分け挟む)で止めた楽天・星野監督は「お互い(攻撃で)ヘマばかりやったな」と苦笑交じりに振り返った。

 星野監督が自嘲気味に振り返ったように序盤から好機をつくりながら無得点。だが、西武の先発・野上に重圧は与えた。初回に1四球、2回は2四球を選んで得点機に走者を進め、野上の球数が増加。80球を超えた5回に藤田の適時打で先制した。

 試合前、星野監督は「選球眼アップ」のための指令を出した。本拠地ながら設置された打撃ケージの数は1つ。普段は2カ所で計6分打ち込むところを1カ所で4分に縮め、一球一球に集中させた。「序盤にしっかり四球を取れた」と大久保打撃コーチ。わずか1得点も、3者凡退は4、7回だけ。粘りある攻撃で、相手に流れを渡さなかった。

 ▼楽天・辛島(7回2安打無失点で6勝目)直球がよかったので、攻めていくことができた。

 ▼楽天・青山(9回を締めて18セーブ目)最後は気持ちで投げた。これからも積み重ねていきたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月8日のニュース