高木監督“謎のUターン”抗議飛び出すも途中で思い直す

[ 2012年9月8日 06:00 ]

<中・神>5回2死、右越えソロの森野(手前)を出迎える中日・高木監督(左)

セ・リーグ 中日1-0阪神

(9月7日 ナゴヤD)
 中日・高木監督が“謎のUターン”で球場を沸かせた。8回2死、鳥谷の打球を処理した二塁手・荒木の一塁送球がそれ、森野が打者走者にタッチするも判定はセーフ。指揮官は猛スピードで一塁ベンチを飛び出したが、一塁手前まで来ると、何も言わずに、何もアクションを起こさずに、そのまま同じスピードでベンチへと引き返した。

 「今シーズンは抗議をしないと決めている。ああいう展開でつい、飛び出したけど、すぐに思い直した。みんな笑っていたけどね」と71歳の指揮官は話した。

 ▼中日・大野(自己最長の7回を投げ、3安打無失点で4勝目)長い回をと思っていた。7回ですが、投げ切れたことは1つのステップだと思う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月8日のニュース