失敗した梵「これで打てなかったら家には帰れない」で試合決める

[ 2012年9月8日 17:22 ]

セ・リーグ 広島3―0DeNA

(9月8日 マツダ)
 試合を大きく左右する場面でのスクイズ失敗。「これで打てなかったら家には帰れない」と広島・梵。その強い思いが、失敗を帳消しにする2点二塁打となった。

 「狙いも何も、とにかく人のいないところへ打つことだけ考えた」という背番号6の一本で、ピンチを背負い続けていた前田健は「楽になった」と、4月6日に同じDeNA相手にノーヒットノーランを演じたとき以来の完封勝ちでハーラートップの13勝目をマークした。

 ヤクルトとの3位は争いはしばらく決着がつきそうにない。競り負ければ今まで積み重ねてきた勝利が意味のないものになるだけに、最下位相手の試合は落とすわけにはいかなかった。

 「最後は一緒に笑って終わりましょう」と前田健はファンに呼びかけると、大歓声が返ってきた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月8日のニュース