米国 日本に逆転勝ちで決勝進出 3~7番は全員メジャー1巡目候補!

[ 2012年9月8日 07:08 ]

<米国・日本>7番ファーストでスタメン出場する米国・ビジオ

18U世界野球選手権2次ラウンド 日本5―10米国

(9月7日 木洞)
 米国は逆転勝ちで2次ラウンド1位となり、カナダとの決勝戦に駒を進めた。

 1点を追う7回に、アストロズ一筋20年で通算3060安打のクレイグ・ビジオ氏の次男が藤浪から同点右前打を放ち、続く8番アローヨが決勝の2点右前打。3~7番は全員が来年6月のドラフト1巡目候補というメジャーリーガーの卵たちが、底力を発揮した。

 ビジオは「フジナミはいい直球を投げる投手だ。日本はいいチームだった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月8日のニュース