ヒヤリ!青木 打球追い中堅と接触 打ってはマルチ止まる

[ 2012年9月1日 06:00 ]

<カブス・ブルワーズ>8回、右中間の打球を追い、中堅のモーガン(右)と交錯するブルワーズ・青木

ナ・リーグ ブルワーズ11―12カブス

(8月30日 シカゴ)
 ブルワーズ・青木が初回に中前打を放ち、4試合連続安打をマークした。しかし、直後の二盗には失敗。その後の4打席は凡退し、連続試合マルチ安打は3で止まった。

 「甘い球が来ていたし、仕留められなかったのは少し残念」。8回の守備で右中間への飛球を追った際には中堅のモーガンと接触して倒れ込み、周囲を一瞬ヒヤリとさせる場面もあったが「大丈夫です」と話し、大事には至らなかった様子だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月1日のニュース