大田 初の猛打賞 腐らず意地見せた「ファームで野球やるのが仕事じゃない」

[ 2012年9月1日 17:16 ]

2回1死二、三塁、先制の中適時打を放つ巨人・大田

セ・リーグ 巨人9―1DeNA

(9月1日 東京D)
 1軍昇格後、すぐに結果を残した巨人の大田は、プロ入り初の猛打勝3打点で東京ドームの大歓声に迎えられお立ち台に上がった。

 開幕1軍も2試合2打席で2軍行き。「4カ月間ファームで一生懸命やってきた。必ず結果が出ると信じて今日の試合を準備していた」と力強く話し、「広島から両親も見に来ていた。良い所を見せれてよかった」と日に焼けた顔から白い歯がこぼれた。

 長かった2軍暮らし。「ファームで野球やるのが仕事じゃない。ここで結果を出してチームの勝利に貢献できるのが僕達の仕事。やっと仕事ができてホッとしている」と高いプロ意識を見せた。「実績がないので、がむしゃらにやっていく」と定位置奪取に向けて意欲を燃やした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月1日のニュース