岩田5敗目 1回の3失点を悔やむ…

[ 2012年9月1日 22:50 ]

セ・リーグ 中日2-6ヤクルト

(9月1日 神宮)
 5敗目を喫した中日の先発岩田は、1回の投球が悔やまれた。先頭の比屋根を安打で出し、送りバントで1死二塁。ここで藤本に四球を与えた後、ミレッジに曲がりの甘い変化球を豪快に左翼席へ運ばれた。

 2~4回は無失点で切り抜けたが、1―3の5回2死一塁の場面で代打を送られ、4回6安打3失点で降板。権藤投手コーチは「一番いけないのは四球。一発はその罰が当たった」と厳しい評価。右腕は「先制点を与えず、長い回を投げたかったが…」と役割を果たせずに唇をかんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月1日のニュース