“守道火山”噴火 松井佑拙守に公開説教

[ 2012年9月1日 06:00 ]

セ・リーグ 中日4-4ヤクルト

(8月31日 神宮)
 “守道火山”が久々に爆発した。勝利目前から引き分けに終わった試合直後、中日・高木監督がベンチで松井佑を公開説教。右翼手として、比屋根に2打席連続で同じようなポテンヒットを許したことが逆りんに触れた。

 「あんなの捕らないかん。同じところに打たれて。捕ってりゃ、ピンチになってない。何も考えとらんのや」

 問題としたのは4―3と勝ち越して迎えた9回裏の守備。先頭の比屋根に山井が打たれた右翼前にポトリと落ちる打球を安打にしたことだ。7回の打席でも田島がまったく同じような安打を打たれていた。山井はここから2死一、三塁のピンチを招き、岩瀬と交代。その左腕が川端に痛恨の右前適時打を許しドローに終わった。

 「前の打席で同じ当たりが来ていたんで、前には守っていた。でも“あれを捕れ”と言われたんで」と松井佑。前進守備でも捕るのは難しい当たりだったが「同じようなケースになったら次は捕れるようにしたい」と悔しさを押し殺した。

 巨人とのゲーム差が開いてからは「気楽に行こうぜ」とナインに声をかけ、闘将ぶりが鳴りをひそめていた指揮官だが、本心は違う。今季最大級の激怒が、6・5差となった崖っぷちのチーム状態を表していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月1日のニュース