テレビ観戦の小山両親も感激「終始ドキドキしました」

[ 2012年9月1日 06:00 ]

セ・リーグ 巨人2-1DeNA

(8月31日 東京D)
 巨人・小山の父・祥一さん(51)と母・幸子さん(51)は愛知県知多市の自宅で、親戚、友人ら10人でテレビ観戦。「プロの世界で勝つことは大変なことだと思っていました。終始ドキドキしましたが、息子は本当によく頑張ってくれました」と球団広報を通じてコメントした。

 8月15日の中日戦は、ナゴヤドームに駆けつけたが黒星。「何度も結果を出せなかった息子にチャンスをいただいて原監督はじめ球団関係者の皆さまに感謝の一言です」と感慨深げだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月1日のニュース