腰痛の小久保 症状改善せず…秋山監督「悪いみたい」

[ 2012年5月30日 06:00 ]

長崎入りし宿舎に到着したソフトバンクの秋山監督

 史上41人目の通算2000安打へあと1本としながら、25日に椎間板ヘルニアで出場選手登録を外れたソフトバンクの小久保が、31日に神経ブロック注射を打つ。

 当初はこの日から福岡市東区の西戸崎室内練習場で再始動する予定だったが、自宅静養を経ても症状に大きな改善が見られず延期。このため、神経を圧迫する部分に局所麻酔薬を直接打ち込むブロック注射で、鎮痛効果を得る可能性にかける。ただ、6月5日の巨人戦(ヤフードーム)での最短復帰は絶望的で、秋山監督も「(症状は)悪いみたい。(復帰時期は)本人にしか分からない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月30日のニュース