セントラル硝子・宇部工場V4へ快勝発進 投打かみ合う

[ 2012年5月30日 06:00 ]

紅龍旗争奪野球第1日 セントラル硝子・宇部工場11―0JX日鉱日石エネルギー・東京支店

(5月29日 東京D)
 開幕し、1回戦4試合が行われた。大会4連覇を狙うセントラル硝子・宇部工場(前年度優勝)、資生堂・大阪工場(油脂)などが2回戦に進出した。30日は東京ドームで1回戦2試合が行われる。

 セントラル硝子・宇部工場は4連覇へ向けて、9安打11得点と快勝発進した。平田主将が先頭打者本塁打を放つなど3安打3打点の活躍を見せれば、投手陣も長沢―石田が1安打完封リレー。投打がかみ合って5回コールド勝ちし、大林英二監督は「いいスタートが切れた」と満足げに振り返った。平田主将も「次も自分たちの野球をして勝ちたい」と次戦へ気持ちを引き締めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月30日のニュース