東洋大 何とか1部残留 東都最多507勝目

[ 2012年5月30日 06:00 ]

<東洋大・日大>7回1死二、三塁、代打・渋谷の一ゴロで東洋大・戸田が決勝のホームイン。捕手・田村

東都大学野球第7週最終日 東洋大3―1日大

(5月29日 神宮)
 昨年の大学日本一チームの東洋大が、辛うじて1部残留を決めた。

 0―1の7回1死一、二塁から緒方が右翼線に同点適時二塁打を放つと、続く渋谷の一ゴロが野選を誘って逆転。東都最多の507勝目を挙げた高橋昭雄監督は「しんどい試合だった。優勝した時よりうれしいよ」と安どの表情を浮かべた。試合後にはOBのロッテ・藤岡、ソフトバンク・大場らから電話が入り「みんなも心配してくれていたけど、お祝いでもないよね」と苦笑いだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月30日のニュース