由伸が千金V弾!「今年1番という当たり」で杉内援護

[ 2012年5月30日 20:16 ]

7回巨人2死一塁、高橋由が左中間に先制2ランを放つ。投手田中

交流戦 巨人2-0楽天

(5月30日 東京ドーム)
 巨人・杉内、楽天・田中の息詰まる投手戦の均衡を破ったのは、高橋由の一発だった。7回に、2死から阿部が左前打で出塁。続く高橋由が左中間へ3号2ランを放った。

 「相手もすごかったですけれど、杉内もそれ以上にすごかったので、何とか1点取りたいと思っていた。今年1番という当たりがこんな時に出てくれてよかった」と高橋由。守っている時には「若干、緊張」したと言うが、「でも、もう杉内はすごかった。守っていて僕もいい思い出というか、幸せです」と味方も脱帽の快投だったようだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月30日のニュース