武田久 自己最多の35S「ここまできたら狙いたい」

[ 2011年10月4日 22:58 ]

パ・リーグ 日本ハム2―0楽天

(10月4日 札幌D)
 日本ハムの武田久が自己最多となる35セーブ目を挙げた。粘る聖沢を直球で攻めて8球目で二ゴロに抑えると、松井稼、内村は変化球主体で打ち取った。

 セーブ数でリーグトップを走る右腕は「ここまできたからには狙いたい」と2年ぶりのタイトル獲得に向けて気持ちを高めた。50試合目の登板。「けがなくやれている証拠。ここまできたら一戦必勝」と次戦に目を向ける。残り12試合。39セーブのパ・リーグ記録更新も視野に入る。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月4日のニュース