夏の甲子園覇者・日大三4強進出 吉永10K完封

[ 2011年10月4日 06:00 ]

 山口国体の高校野球(硬式)競技は3日、準々決勝4試合を行った。今夏甲子園を制した日大三(東京)は自慢の打線が爆発。エース吉永健太朗(3年)も完封して如水館(広島)を5―0で下した。智弁学園(奈良)、徳島商(徳島)、習志野(千葉)が勝ち上がり4強が出そろった。また、敗れた金沢(石川)のドラフト上位候補で153キロ右腕の釜田佳直投手(3年)は、12球団OKの姿勢を表明した。

 日大三は今夏の甲子園覇者が横綱相撲で4強入り。小倉全由監督は「しっかり打って守った」と目尻を下げた。エースの吉永が如水館打線を4安打に封じて貫禄の10奪三振完封。打っては4回に5番・高山の2ランで先制するなど、10安打中8本が長打という持ち前の打撃で圧倒した。早大に進学予定の吉永は「みんなで野球ができるのもこれが最後。楽しんで、優勝を目指したい」と昨秋の明治神宮大会、今夏甲子園に続く全国3冠目に向けて意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月4日のニュース