涌井内角攻め予告 逆転CS進出へ3位オリと総力戦

[ 2011年10月4日 06:00 ]

キャッチボールを行う西武・涌井

 西武は逆転CS進出へ、4日からの3位・オリックスとの直接対決3連戦(西武ドーム)で総力戦勝負に出る。

 7月11日の同カードでは中島への死球をめぐって乱闘騒動に発展したが、初戦に先発する涌井は「内角を意識させないと抑えられない。お互いに厳しくいかないといけないと思っているのではないですか」と、厳しい内角攻めを予告した。小野投手コーチが「全員での総力戦」と話すように、先発ローテーションの一角、石井一もブルペンで待機する。現在4ゲーム差。3連勝で一気にゲーム差を縮めたい渡辺監督も「気合入れていくよ」と鼻息は荒かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月4日のニュース