上原敵地で雪辱誓う「今は頑張るだけです」

[ 2011年10月4日 06:00 ]

 レンジャーズは敵地で3日(日本時間4日)で第3戦を迎える中、第2戦で3点本塁打を浴びて1死も取れずに降板した上原は、キャッチボールやランニングで調整。

 トロピカーナ・フィールドでは過去3年間で7試合に登板し、防御率2・13と安定しているが、右腕は「球場どうのこうの、の話をしている場合じゃない。今は頑張るだけです」と集中力を高めた。東海大仰星の同級生で、地区シリーズの出場選手登録から漏れた建山は「気持ちの強い投手だから、やられたらやり返すと思っているはず」とその胸中を推察。第3戦は元広島のルイスが先発する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月4日のニュース