涌井乱調でワースト12敗目…西武、CS遠のく

[ 2011年10月4日 22:17 ]

2回、オリックスの李スンヨプに先制3ランを浴びた西武・涌井

パ・リーグ 西武3―5オリックス

(10月4日 西武D)
 4ゲーム差の3位オリックス戦。勝って上位進出へ望みをつなぐ4位西武のもくろみは、エース涌井の乱調で崩れた。

 2回無死一、二塁から李スンヨプに先制3ランを浴びると、5回には2死からも大引、後藤に連続適時打を浴びた。自己ワーストの12敗目を喫し「特に何も言うことはない」と涌井。

 残り11試合で、自力でのクライマックスシリーズ進出の可能性も再び消えた。指揮官は「可能性がゼロにならない限り、諦めてはいけない」と言うが、痛すぎる1敗だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月4日のニュース